駐在情報

ヒースロー空港でのVAT還付申請手続き

気合が入りすぎまして、空港に早めについてしまったので、 この隙にヒースロー空港における【VATの還元手続き】について。 イギリスを離れる際、過去3ヶ月以内に購入した品物について、 VAT(英国消費税)の払い戻しを申請することができます。 ということはもちろん旅行でいらした際も、還元申請可能。 大きな物を買ったら、お土産代くらいにはなるかもしれませんよ! Advertisements

引っ越し完了

引っ越しおよび荷物の発送、完了いたしました。 Done! Done! お疲れさまでしたー! 昨日のうちに仕分けをしておいたので、 今日は引っ越し作業を影で応援しながら、税関の書類を作るだけ。 それにしても日系の引っ越し屋さんのなんと素晴らしいことよ!

このタイミングで、イワシに出会う

週が明けたぞー! ハチミツレモン旦那用を作り置いて、今日は朝イチで郵便局へ。 郵便物のリダイレクトサービスの申し込みをしなければいけないのです。 申請〜リダイレクト開始まで「少なくとも5営業日必要」というのは理解していたので、 本来なら余裕をみて、10日前にやっておくはずだった手続き。

帰国手続き《イギリス現地編》

いやーもう鼻水が、鼻が、もう、、という感じです。 左右の鼻が交互に詰まるんですよね。 「あ、右が通ってきた〜」と思うと、さっきまでスースーしてた左の鼻が、急に閉店。 特に左が詰まると息苦しくて、なんで交互に詰まるのさー!と思って調べると、衝撃の事実が分かりました。 ・・・人間っていつも「片側の鼻」で呼吸してるんですって。 私、健康な時は両鼻で呼吸してるんだと思ってました。。。シラナカッタ。

コーンブレッドに振られて、フォー

  今日はものすごい風の強いロンドンでした。 プラスチックのゴミやら袋がシャーッ!と横から飛んできたり、自転車が倒れるほど。 家の中からでもわかる強風っぷりに「体感温度は相当低くなる」と踏んで、 贅沢にも2枚もほかほかホカロンを装着して外出しましたが、大正解でした。 風に飛ばされながら訪れたのは、 イギリス去る前To Doリストにある「Barnyard」というレストラン!

海外赴任 – 帰国手続き(我が家編)

スーパーには色とりどりのチューリップ。 そして、イースターのチョコレートが並び始めました! 外を歩いていても、空気がどことなく柔らかくなって来たのを感じます。春ですね〜 さて今日は、私がやるべきことをまた粛々と・・・ 帰国後の手続きの下調べでございますー。

ミッション・コンプリート!引っ越して良かったこと3

私にとって初めてのイギリス国内引越が完了しました。 まだダンボールは残っていますが、ついにお湯不足問題から解放され、 昨夜は久しぶりにビクビクせずに熱いお湯でシャワーを浴びました。幸せ! 徒歩圏内にはバッキンガム宮殿があり、観光名所を見ながら通学です。 ハロー!新しいイギリス。

ロンドン退居の手引き

今日は新しい家の「インベントリー・チェック」という作業です。 日本語でいうと「在庫チェック」という意味ですが、 「何が何個あって、どこに傷があって、どこが壊れているのか」等を 入居者の立会いのもと確認を行う作業。 退去時には今日作るリストに基づいて相違点をチェックされて請求の対象になるため、 しっかり写真を撮ってこなければです。 簡単にイギリスの退居の手続きをご紹介します!

オーマイガットな不動産屋のルール

夕方、家に帰ってくると「あ、あれ?」。 いつもと鍵の閉まり方が違います。私の閉め方ではありません。 モヤモヤしながらドアを開けると、いつもなら、 ポストから投げ込まれて、雑然と床に散らばっている郵便物が綺麗に・・・揃っています。 こーれーはー! ビューイングの依頼も受けてないし、御用だ御用だ!不法侵入です!